バイオリンは常に進化している。
日本では「突然、完成した形で登場した」と語られることもあるが、決してそうではない。
かのストラディバリも、独立してからの約20年は試行錯誤を続けていた。
時代のニーズに合わせるため、もしくはその先を見据えてのことだと思われる。
チェロを小型化してより独奏楽器へと進化したことも、ストラディバリの寄与が大きいが、
その背景には1660年頃にボローニャで「巻き弦」が開発された背景がある。
常に最新の流れに敏感であった。

そのストラディバリの楽器ですらバロック・バイオリンであった。
現在使われている現代のバイオリンとは大きく違う。
ストラディバリの楽器も各時代の職人の手によって、改造されてきた。

バイオリンは生まれてから一度もその進化の歩みを止めたことはない。
常に進化のダイナミズムの先端に立っている。
バイオリン製作に携わる者としての責任の一つは、その進化の一端を担うべく、
理論的かつ幅広い視点で新しい技術を取り入れる事にあると考える。

この冬、とても素敵なご縁があった。
かつて、思ってもいなかったところで、貴重な実験と研究が行われていた。
それを全て託して頂いた。
これを製作家として、技術で活かしていくのが今の私の責任だ。