Post Image




 5年ほど前から、アメリカのバイオリンを物理学的に研究する人たちの間で、
「BALANCE CHI」という言葉が使われるようになった。
日本語で書くと「バランス氣」。 そう、中国由来の気功術の「氣」のことである。
物理学者が「氣」とは、どういった風の吹き回しなのか。

 この研究者たちは、バイオリンの音響の仕組みを研究していく中で、楽器の「重心」と言うものに目をつけた。
重心とは、重力が働く作用点である。一点を支えると全体のバランスが釣り合う所が重心とも言える。
 重心は、その物の運動性能に大きな影響を及ぼすため、野球のバットやゴルフのクラブから、車やスピーカーの設計に至るまで、ありとあらゆる分野で重要視されている。
むしろバイオリンの設計において、今まで意識されていなかった事が不思議なのかもしれない。(サッコーニやバイサーは若干言及していたようである。未確認)

 弦が振動して駒がそのエネルギーを楽器のボディーに伝えると、楽器がポンプのように動きエネルギーを増幅する。これはエナジーフローと呼ばれる現象なのだが、このような楽器の振る舞いがわかってきたのはここ15年ほどである。
 アメリカの研究者はこの動きを踏まえて、バイオリンも他の構造体の運動と同じように、重心を中心にして動いているのではないか、エナジーフローが重心から起きているのではないかと考えた。
そしてこの、”バランス”が取れた位置(重心)からエナジーフローが発生する、そのまだ数値化出来ていないエネルギー発生源を、まるで「氣」が発生するようだと、「バランス氣」と呼んだのである。

 この呼び方を最初に用いたのは、恐らくはバイオリンの物理学解析の重鎮ジョージ・ビッシンガー氏だと思われる。 私は3年ほど前にこの論文を見た時、その突飛な名前から、遂に物理学者の重鎮が自身のアプローチの限界に達し、神秘主義に陥ってしまったかと落胆し、論文を読まずに閉じてしまった。
しかしこのアプローチが、CTスキャンを得意とする研究グループへと 受け継がれ、CTデータから重心が求められるCADでクレモナの銘器を解析し始め、メディア(日本のNHKや業界紙)でも取り上げられると、訝しく思っていた私も無視できなくなってしまった。
CTスキャンチームの結果では、殆どのクレモナの銘器は、表板の重心は駒の位置に、裏板の重心は魂柱の位置に、そして楽器のボディーの容積の重心も魂柱の位置と一致したとの事である。特にアンドレア・アマティの合致率が非常に高いとのこと。
エネルギーが伝わってくる地点と、重心が近ければ近いほどエネルギーのロスが少なく作用する。クレモナの銘器は重心という考え方においても、理想的な作りであると結論づけている。


 早速、自分のチェロの重心を確かめてみた。すると・・・・


 勝手に重心が、それぞれの位置に来ていた。。。
偶然なのかと思ったがその後、幾つかの普段通りのコンセプトで製作した楽器の重心を確かめると、やはり必ずこの位置に来るのである。私は期せずして、重心を理想的な位置に来るように製作していたのだろうか。そんな才能が・・・・!
いや、残念ながらそんな虫の良い話ではないようだった。
重心を確かめた後に、色々と削ってみたが重心がほとんど動かなかった。
おそらく、この構造から大きく逸脱しない限り、重心が理想的な位置に来るのだ。

 どうやらバイオリンの基本構造が定まっていく過程で、偶然かそれとも誰かが意図したのか、
重心が理想的な位置に来るように設計されていたようである。まだ色々と 検証が必要だが、
やはり人類が長い年月をかけて築き上げた叡智とは、一つ新しい技術が出来たとて、そう容易く瓦解することはなく、どこまでも大きく屹立しているものだと感じている。

追記:まだ他の製作家と摺り合わせたわけではないので、もしかすると私の作り方が、たまたま重心と合致しているだけなのかもしれませんが。
そして、こうしてたまたま予期せぬ効果と合致し良い結果が生まれたものが、意識されることなく次の世代に受け継がれていき、後の技術で証明されるというのが楽器の歴史でもあるのです。

ーーーーーーーーーーー

西村翔太郎

1983年 京都府に生まれ、9歳より長崎県で育つ。吹奏楽でトランペットを演奏していたことから楽器製作を志す。偶然テレビで見たオイストラフのドキュメンタリー番組に影響を受け、ヴァイオリンに興味を持つ。国内外の製作家を取材するなど製作家への道を模索しながら、高校時代に独学で2本のヴァイオリンを作り上げる。2002年 ガリンベルティを筆頭とするミラノ派のスタイルへの憧れから、ミラノ市立ヴァイオリン製作学校に入学。製作をパオラ・ヴェッキオ、ジョルジョ・カッシアーニ両氏に、ニス塗装技術をマルコ・イメール・ピッチノッティ氏に師事。2006年 クレモナに移住。クレモナトリエンナーレで最高位を獲得したダヴィデ・ソーラ氏のヴァイオリンに感銘を受け、この年から同氏に師事。2010年イタリア国内弦楽器製作コンクール ヴァイオリン部門で優勝と同時にヴィオラ部門で第3位受賞。2014年シンガポールにて、政府関係者や各国大使の前で自身が製作したカルテットでのコンサートを催す。
2018年クレモナバイオリン博物館、音響・化学研究所によるANIMAプロジェクトの主要研究員を務める。
2018年よりマレーシア・コタキナバルにて、ボランティア活動として子供達の楽器の修理やカンファレンスを行う。
CultralViolinMakingCremona会員
関西弦楽器製作者協会会員

主な楽器使用者

アレクサンダー・スプテル氏
(ソリスト・元SSOコンサートマスター)
森下幸次 氏 
(ソリスト・大阪交響楽団コンサートマスター)
木村正貴 氏 
(東京交響楽団フォアシュピーラー)
立木茂 氏  
(ビオリスト・弦楽器指導者協会理事長)