Post Image

「音楽の贈り物~世界へ羽ばたく子供たちのために~」と題して、シンガポールから始まったこの企画も第三弾となりました。
音楽は「音」で出来ています。音は楽器が周りの空気を震わせ、それが鼓膜を震わせた時に音になり、音楽が生まれます。一つの震えが、他のものに伝わって、もう一つのものが同じ震えをすることを、「共鳴」と言います。なにも、人の鼓膜だけが共鳴するわけではありません。人の心も共鳴します。音楽家が心を震わせて音楽を奏でる時、聴いている人の心も震えます。この心の震えは音楽が止んでも、止まりません。心の震えは、また他の場所で他の人の心を震わせたり、子供たちの心のなかで、
希望の音へと変わると信じています。
今年も音楽を受け取ってくれた子供たちが、とても素直に喜んでくれました。その屈託ない笑顔は、私達への最高のクリスマスプレゼントとなりました。

ーーーーーーーーーーーー

西村翔太郎

1983年 京都府に生まれ、9歳より長崎県で育つ。吹奏楽でトランペットを演奏していたことから楽器製作を志す。偶然テレビで見たオイストラフのドキュメンタリー番組に影響を受け、ヴァイオリンに興味を持つ。国内外の製作家を取材するなど製作家への道を模索しながら、高校時代に独学で2本のヴァイオリンを作り上げる。2002年 ガリンベルティを筆頭とするミラノ派のスタイルへの憧れから、ミラノ市立ヴァイオリン製作学校に入学。製作をパオラ・ヴェッキオ、ジョルジョ・カッシアーニ両氏に、ニス塗装技術をマルコ・イメール・ピッチノッティ氏に師事。2006年 クレモナに移住。クレモナトリエンナーレで最高位を獲得したダヴィデ・ソーラ氏のヴァイオリンに感銘を受け、この年から同氏に師事。2010年イタリア国内弦楽器製作コンクール ヴァイオリン部門で優勝と同時にヴィオラ部門で第3位受賞。2014年シンガポールにて、政府関係者や各国大使の前で自身が製作したカルテットでのコンサートを催す。
2018年クレモナバイオリン博物館、音響・化学研究所によるANIMAプロジェクトの主要研究員を務める。
2018年よりマレーシア・コタキナバルにて、ボランティア活動として子供達の楽器の修理やカンファレンスを行う。
CultralViolinMakingCremona会員
関西弦楽器製作者協会会員

主な楽器使用者

アレクサンダー・スプテル氏
(ソリスト・元SSOコンサートマスター)
森下幸次 氏 
(ソリスト・大阪交響楽団コンサートマスター)
木村正貴 氏 
(東京交響楽団フォアシュピーラー)
立木茂 氏  
(ビオリスト・弦楽器指導者協会理事長)