I zacinti
I do rameti de zacinti
bianchi e lila li vardo, ch’i xe come
el viso tuo de prima
che, dàndomeli in man co’ le tue fermi,
pàlida e i denti bianchi.
Pàlidi qua in t-el goto,
sul sbiadido del muro,
‘rente el sol che vien drento, che camina
su la piera frugada del balcon.
E tuti lori no’i xe che quel pàlido
lila slusente: ‘na fiama lassada
là ardir che intanto xe vignudo giorno;
e el bon odor ch’i ga impinì la casa.
Come ‘sto nostro amor,
che tuto lui no’ ‘l xe che un gnente là,
un pàlido; ma un pàlido che lusi,
che ardi, e un bon odor, una speransa,
che me impinissi el cuor co me la sento:
‘na casa mia e tua,
mèter insieme la tovàia,
mi e ti, su la tola,
con qualchidun che se alza
su le ponte d’i pie
pici e se sforza de ‘rivar coi oci
su quel che parecemo.

Hyacinths

I remember white and lilac
those hyacinth flowers,
like the colors of your face
when with your fingers you placed
them in mine that very first time
as, pale, you barely smiled
with your perfect white teeth.
Now pale in the glass,
they fade like the wall
wet with sunlight that glides
by the cracked stone veranda.
On every petal shines only
that faded, luminous lilac,

There burns a flame
like each brand new day;
its delicate perfume touches
the house everywhere,
the same as our love
which in its fullness
yields only paleness,
a shining paleness
leaving its fragrance,
a lasting promise
that fills my heart so
if I am well, in our own home
as we place the napkins
around the table, together,
while someone is standing
on tiptoe, attempting to see
what we seem to prepare.

トリエステの詩人ジョッティの「ヒヤシンス」という作品がある。
原文は全てトリエステ弁で書かれていて、
その独特の暖かく濁った響きの中で、最後の数行に出てくる、
軽妙な音の韻の踏ませ方が、
愛らしさを引き出す絶妙な 効果を発揮している。
これを作家、須賀敦子さんが翻訳していて、
それがまた原文を超えるような素晴らしい名訳となっている。
  
ヒヤシンス
 
白と薄むらさきの二本の


ヒヤシンス、さっき

ぼくにくれながら、ちょっと

笑ってた、きみに似ている。

蒼い顔して、白い歯をみせ、

しっかりとぼくにさしだしながら。

いま、コップのなかで蒼ざめて咲く

花たち、色あせた壁を背に、

窓からはいって、すりへった石の上を

よこぎっていく日のひかりのとなりで。

すべてのなかで燦めいているのはあの

蒼ざめた薄むらさきだけ。夜あけが

残した、ひとつの炎。

よい匂いが、家にあふれる。

まるで、ぼくたちの愛のようで、

それ自身は、ほんとうになんでもなく、

ただ蒼いという、それだけだが。燦めく蒼さで、

燃える蒼さで、希望とおなじ、いい匂いで。

ふと、気づくと、胸いっぱいにひろがる、

その匂い。ぼくの家が、きみの家で、

きみとぼくとが、テーブルに

クロスをいっしょにひろげ、

ぼくたちが準備しているのを

ちっちゃな足で、背のびして

のぞく、だれかさんが、いて。
(須賀敦子訳)

12 − twelve =