日本から新しい小道具(彫刻鑿)を連れて帰ってきました。

行きつけの刃物店にお願いをして、

特注でヨーロッパの刃物のカーブと刃幅にしてもらい、

持ち手までの長さも使いやすうように短く作ってもらいました。

 

一度日本の刃物の切れ味、研ぎ心地を体感すると、もう離れられません。

ただバイオリンはすべて、曲線でできているので、

刃のカーブがとても大切になってくるのですが、

日本の伝統的な刃物で同じカーブを見つけるのがとても難しいのです。

 

若造の分際でも、とても親身にしてくださるお店なので、

失礼承知でお願いしてみたところ、

特別にと承知していただき、作っていただきました。

しかも、刃幅もカーブも寸分違わずピッタリ。

日本の職人さんには脱帽するばかりです。

なんと作りの丁寧で美しいこと。

店主の方と話をしていると、話の端々に出てくる、

ここを愛顧にしている方の肩書きに、足が震えます。

 

お願いを承諾していただいた時の店主の方の

「まだ今は、こういうこともお受けできますが・・・」

とのお言葉が気にかかりました。

職人さんの高齢化と担い手不足が顕著なようで。

やはり、「職人のための職人」「作り手のためのモノ作り」は光が当たりにくいため、

難しいのですね。こういう方々が本当にモノ作り、通しては日本の文化を、

支えているのですが。


最近、よくお話を聞かせて頂いている方に、

伝統的な日本の接着剤、ニカワの製造に携わっている方がいらっしゃいます。

この方は、幅広い分野の職人に向けて、いろいろな形で情報を発信して、

伝統的なニカワの復権に力を注いでいらっしゃいます。

それが今では日本を出て、イタリアにまで浸透してきています。


メディアが力を増し続け、情報が「モノの価値」を左右してしまう市場原理の中で、

職人も昔ながらに寡黙で居続けるのは、難しくなってきていると感じます。

 

 

さてこちらは、スイス製のノミ。これはこれで素朴な良さはあります。

昔、研ぎの基礎を教えてくれた方が 、

「ちゃんと研げば、バイオリン製作に必要な切れ味は、どんな刃でもつく」

と。重い言葉です。。。

まだまだ、道具の良さに頼りそうですが、

もっともっと腕を上げて、この小道具の本当の切れ味を引き出せるよう頑張ります。

それが職人さんへの一番のお礼ですね。

やはり職人である以上、仕事をしているときは寡黙に実直にやらねばならぬことが、

沢山あるようです。

8 + 19 =