木の声を聞く。

木の仕事に携わる人間が良く口にする言葉だ。
それはバイオリン職人も同じこと。

ならば声を聞いた後にどうするか。

声を聞き、その木の声に導かれるまま一心に彫るのが木彫家なのだろうか。
木の声から癖を見抜いて、「癖を活かす場所に配置する」と言ったのは、
日本一の宮大工と呼ばれた、西岡常一だ。
バイオリン職人にもいろいろな向き合い方があると思う。

私は機械を使わない。
アウトラインを切る時も、中世の時代から変わらない西洋鋸で切っていく。

この時から木のささやきが聞こえ出す。
「固い」「柔らかい」「硬さにむらがある」
荒削りをする頃には、はっきりと声が聞こえだす。
「やわらかく、癖がない」「中心部は詰まっているが、左右が強くねじれている」

 その声を冷静に見つめる。
自分の求める「音」へと導いていくための、対話が始まる。
膨らみを決る。これは人間の側からの、木への提案だ。
そして内側を削り、Fを切る頃には、木との協議に入る。
厚みを0.1ミリ削っては、重さを量り、周波数を計り、

木からの返事を聞く。

対話が上手くいかないことのほうが殆どだ。
木は楽器になるために育ってきたわけではないからだ。

対話がまとまらないのであれば、そもそもの提案を変える必要がある。

躊躇なく膨らみをやり直し、バスバーを新しく作り直すことも稀ではない。

こうして、「音」という着地地点へと、木と共に探っていく。
木の声を聞くだけでは、そのつど出来上がる楽器が、声だけに左右されてしまう。
人間側の提案を押し付けるだけでは、木を生かせない。

「木の声を聞く」だけではいけない。

「木とせめぎ合う」

12 − two =